日本語
トラピスト会士に抱かれています

佐藤謙一神父のブログ

「佐藤神父のページ」の紹介

個人的なページです。

カトリックに関わることはもちろん、自分の興味や趣味について載せます。
帰天司祭はアーカイブに移動しました。

カレンダー

2021年冬

佐藤謙一(さとうけんいち)により
2021年12月21日に

カトリック手稲教会司祭館から

佐藤謙一(さとうけんいち)により
神学校入学式ミサ

王であるキリスト(2021年B年)

第一朗読:ダニエルの預言(ダニエル7・13-14);彼の支配はとこしえに続く (...)
今日は典礼暦年最後の主日です。この日、教会は「王であるキリスト」を祝います。この祭日は1925年に、教皇ピオ11世が「王であるキリスト」の祝日を定めたところから始まります。わたしたちの「王」とはキリスト、すなわち救い (...)

2021年11月28日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち)により
神学校入学式ミサ

年間第33主日(2021年B年)

第一朗読:ダニエルの預言(ダニエル12・1-3);その時には、お前の民は救われる (...)
カトリック学校では他の公立あるいは私立学校と比べて違うところがあります。それは宗教という科目があることです。宗教と関係ない一般の学校では通常、道徳や倫理と呼ばれる科目に置き換わるものです。神学生のとき、あるカトリック (...)

2021年11月14日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち)により
神学校入学式ミサ

年間第32主日(2021年B年)

第一朗読:列王記(列王記6・2-6);やもめは小麦粉で小さいパン菓子を作って、エリ (...)
今日の福音では律法学者のふるまいとやもめの献金の場面が語られています。どちらが神に招かれる行動なのかということが問われています。律法学者のふるまいは、嫌なふるまいだと感じるでしょう。「このような者たちは、人一倍厳しい (...)

2021年11月7日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち)により
神学校入学式ミサ

死者の日(11月2日、白・紫・黒)

第一朗読:知恵の書(3・1-6、9);神は焼き尽くすいけにえの献げ物として彼らを受 (...)
信仰宣言の中で主は「よみにくだり」という個所があります。よみとはユダヤ教、あるいは当時の中東世界ではすべての死者が下るところと考えられていました。そしてそこに下った者は静かな眠りについていて神とのかかわりが絶たれてい (...)

2021年11月2日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち)により
神学校入学式ミサ

諸聖人(11月1日、祭日)

第一朗読:ヨハネの黙示(黙示録7・2-4、9-14);わたしは、あらゆる国民、種族 (...)
信仰宣言の中に「聖徒の交わり」ということばが出て来ます。祈りの中で諸聖人や亡くなられた方々との霊的な交わりを行うということです。つまり、この地上の教会と天上の教会と煉獄の教会という3つの教会が声を合わせてともに祈って (...)

2021年11月1日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち)により
神学校入学式ミサ

年間第31主日(2021年B年)

第一朗読:申命記(申命記6・2-6);聞け、イスラエルよ。心を尽くして、主を愛しな (...)
今日の福音は最も重要な掟がイエスから語られる場面です。マタイやルカでもこの掟を語る場面が読まれます。マタイでは「律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた」とあります。悪意のある問いかけだったことがうかがえます。ルカ (...)

2021年10月31日に公開

© Copyright・ 日ごとの福音・一般社団法人 ・2017~2021