第3回ティータイム・カテキズム終了しました。

佐久間力(さくまちから)  

2020年7月28日

第3回目となる、「ティータイム・カテキズム」終了しました。

第3回目となる、「ティータイム・カテキズム」が終了しました。

今回のテーマは「ミサ/エウカリスチア」です。

秘跡についての連続講話をしていますが、ミサはやはりカトリック教会の中心であり、最も大切な秘跡です。

その意味を知ると、また味わい深くミサにあずかれるのではないかなと、神父は思います。

今回は、あまり準備時間も取れませんでしたが、やはり「ミサ」と言えば「最後の晩餐」それっぽい絵を、サインペンで一生懸命書きました。

これ書くのに、鉛筆で下書きかねて3時間ほどかかりました。

でも、この程度です。

今回の、参加者は6名。

初めての方もいれば、2回目の人もいて、だんだんとリピーターが増えたことが少しうれしいことでした。

毎回、新しい人しかいないとなれば、「つまんないから、もう参加しなくてもいい」ということか?と考えてしまう小心者。

でも大丈夫、「面(つら)の皮」が厚くなければ、司祭は務まりません。

しかし、終わった後の質問コーナーでも、良い議論ができました。

録画も取ってますので、見たい方はZoomクラウドのアクセスコード送りますので、わたしまで個人的に連絡ください。

次回は、8月26日19時から テーマは「ゆるしの秘跡/癒しの秘跡」です。

興味のある方は、是非ご参加を。

写真集

 カトリック札幌司教区ブログS神父のつぶやき 第3回ティータイム・カテキズム終了し (...)

我々の会話

© Copyright・日ごとの福音・一般社団法人・2017~2020