ブログのロゴ

第1回ティータイム・カテキズム終了しました。

佐久間力(さくまちから)  

2020年5月28日

5月27日19時からの、初めてのオンラインで・カテキズム、その名も「ティータイム・カテキズム」が終わりました。結果、8人もの青年が参加してくれました。

昨晩(5月27日の夜)、札幌教区青年会の企画として、初めてのオンラインでのカテキズム講座を開催しました。

結果、8人もの青年が参加してくれました。感謝、感謝!

内容は「YOUCAT」のNo.1~6を基本に、あとはわたしが青年に伝えたいことを中心にして、お話ししました。

Zoomという会議システムを、少し前から自分でも採用してミサなどを配信してますが、やはり結構便利ですね。このオンライン・カテキズムを青年代表が提案してくれなかったら、コロナ・ウイルス騒ぎの中で、Zoomでミサ配信するなんて考えもしなかったでしょうね、感謝です。

準備状況、今住んでいる教会の居間でやってますんで、こんな感じという記録。

内容としては、「宗教」そのものについて、お話ししました。

何故、「多神教」と「一神教」があるのか。その違いや成り立ち。

「神様って本当にいるの?」 「わたしたちの存在に意味なんてあるの?」 「聖書にある、神の姿とはどういう意味?」についてお話ししました。

以前に、青年にテストで見てもらいましたが、パワポを見せるのはいいけど「教えられている感が強い」との声もあったので、後半は全て手書きのプリップを作成。

終わった後は、しばらくまったりとお話しする時間にしてました。いろいろと、考えさせられる質問もあって、有意義かつ楽しい時間でした。

次回も、こんな感じでやっていこうと思います。

みなさん、ありがとう!

後悔としては、録画をしなかったことでしょうか。でも大事なのは、今、目の前にいる(画面の向こうにいる)その人ですから、

 カトリック札幌司教区ブログS神父のつぶやき 第1回ティータイム・カテキズム終了し (...)

我々の会話

© Copyright・日ごとの福音・一般社団法人・2017~2020