日本語
Missa ad vetus Ecclesia Catholico Miyamaecho

札幌教区司祭 佐藤謙一

「佐藤神父のページ」の紹介

個人的なページです。

カトリックに関わることはもちろん、自分の興味や趣味について載せます。

カレンダー

小樽小教区

年間第11主日(2021年B年)

佐藤謙一(さとうけんいち) 
2021年6月8日に

第一朗読:エゼキエルの預言(エゼキエル17・22―24);わたしは高い木を低くする 答唱詩編(詩編92・2+3+4、13+14+15)
今日の福音の中で「神の国」という言葉が2回出て来ます。マルコによる福音の初めにイエスが40日間の荒れ野での試練の後、ガリラヤへ行って宣教を始めます。その第一声は、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」という言葉でした。イエスの宣教の中心はこれです。「神の国」が近づいたということをイエスは人々に伝えていました。では、神の国とは何な (...)

佐藤謙一(さとうけんいち) 

キリストの聖体(2021年B年)

第一朗読:出エジプト記(出エジプト記24・3―8);これは主があなたたちと結ばれた (...)
今日はキリストの聖体の祭日です。今日の祭日のほかにも典礼上、キリストが聖体を制定したことを記念して祝うことがもう一つあります。四旬節と復活節の間にある聖なる過ぎ越しの三日間の聖木曜日の主の晩餐の夕べのミサです。主の晩 (...)

2021年6月1日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち) 

三位一体の主日(2021年B年)

第一朗読:申命記(申命記4・32―34、39―40);上の天においても下の地におい (...)
わたしたちはキリスト者として歩み始めるときに、父と子と聖霊の名によって洗礼を受けます。そこからはいつも祈りの初めには「父と子と聖霊のみ名によって、アーメン」と唱えて十字を切ります。祝福を受けるときには「全能の神父と子 (...)

2021年5月30日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち) 
旭川神居修道院50周年記念

聖霊降臨の主日(2021年B年)

第一朗読:使徒たちの宣教(使徒言行録2・1―11);一同は聖霊に満たされ、話しだし (...)
わたしは神学を学んできましたが、それは自分の知識を増やすことが目的ではありません。キリスト者であるわたしが持っている信仰を、希望をもって表明するための道具として神学を学んでいるのです。わたしが受けた信仰、わたしが確信 (...)

2021年5月23日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち) 

主の昇天(2021年B年)

第一朗読:使徒たちの宣教(使徒言行録1・1―11);イエスは彼らが見ているうちに天 (...)
今日は主の昇天の祭日です。第一朗読の使徒言行録では、使徒たちに40日にわたって復活されたイエスが現れていることが書かれています。そして40日目に天に上げられたことが記述されています。マルコによる福音でも、「主イエスは (...)

2021年5月16日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち) 
旭川神居修道院50周年記念

希望に生きる(living in hope)5

第一章 未来に向かって 4 復活はいつ起こるか
どんな運命がこの世界を待ち受けているのでしょうか。まず基本的な事柄であるキリストの復活から始めることにしましょう。キリストは復活されたのです。わたしたちの信仰が教えているように、キリストは人間的な存在がもっている限界 (...)

2020年12月22日に公開

佐藤謙一(さとうけんいち) 
旭川神居修道院50周年記念

希望に生きる(living in hope)4

第一章 未来に向かって 3 死、すなわち決心の時(2)
死のときに起こることを象徴的に表わすものとして、すぐに思いつくのは、誕生のありさまです。誕生のとき胎児はその母親の胎内から無理やり追い出されるのです。自分を護ってくれ、自分がよく知っており、自分にとっては大切なものか (...)

2020年12月17日に公開

© Copyright・日ごとの福音・一般社団法人・2017~2020