復活節第6主日(2020年5月17日・A年・白)

復活節第6主日(2020年5月17日・A年・白)

佐藤謙一(さとうけんいち)  

2020年5月17日

第一朗読:使徒たちの宣教(使徒言行録8・5-8、14-17);ペトロとヨハネが人々の上に手を置くと、彼らは聖霊を受けた
答唱詩編(詩編66・1+2+4、5+9、16+17);主をたたえよう。主はいつくしみ深く、そのあわれみは永遠。
第二朗読:使徒ペトロの手紙(一ペトロ3・15-18);キリストは、肉で死に渡されが、霊では生きる者とされた
福音朗読:ヨハネによる福音(ヨハネ14・15-21);わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わしてくださる

「父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。」
イエスご自身は皆さんの目に見える形ではいなくなるが、別の弁護者があなたがたとともにいるようになると言います。聖霊の派遣です。父である神が聖霊を派遣するのですが、それはイエスが派遣するものでもあるのです。聖霊が一緒にいるというのはイエスがわたしたちのうちにいることと同じことなのだということが、今日の聖書のことばから分かります。聖霊がわたしたちのうちに働かれる神の力です。また、復活したイエスが目に見えない形でわたしたちのうちにおられ、わたしたちを支え導いていくのです。どちらが支えているかというよりも、どちらにも支えられているので、この世の中で決して独りぼっちではないのです。

「わたしの掟を受け入れ、それを守る人は、わたしを愛する者である。」
この掟という言葉につまずく人がいるかもしれません。掟というのは保証ともいえます。これを守っていれば、何も心配することはない。あるいはこれを守っていればほかは何をやってもいいと思うかもしれません。ほかの個所では「新しい掟」とか「わたしの掟」とも言われています。イエスが言う「愛」ということと、この「掟」というのは相いれないもののようにも感じます。イエスが言う掟は、イエスが言う愛と同じなのです。イエスが言う掟というのは「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛しなさい」ということだけです。愛の掟、これを守りなさいということです。他者を愛すること、大切にすることはわたしたちのうちにおられる聖霊の働きによります。イエスの愛がわたしたちの中にとどまり、聖霊がわたしたちのうちに働くとき、わたしたちの中に「互いに愛し合う」「互いに大切にしあう」という生き方が実現していくのです。

第1朗読ではフィリポがサマリアという異教の神を信じる人々のところに行って宣教している様子が使徒言行録で描かれています。このフィリポは、殉教したステファノと同じように食事の世話をするために選ばれた7人のうちの一人でした。ところがステファノと同じように神のことばを宣べつたえるために活動しています。使徒言行録では6章から7章にかけてステファノの働きが描かれ、8章ではこのフィリポの活動が伝えられています。使徒たち、つまりイエスの直接の弟子である12人の前にすでに宣教活動に励んでいたのです。それもステファノのように同じ神を信じる人々にイエスを宣べ伝えて殉教したり、フィリポのように異教の神を信じる者のところに行ってイエスを信じるようにさせたりしていました。

ペトロとヨハネはそれらのことを聞いて大きな刺激を受けていたのではないでしょうか。エルサレムにとどまってユダヤ教の枠から出ようとしない使徒たちは、これらの新たに選ばれた人々の活躍を聞いて、自分たちももっと外に出なければならないと感じたでしょう。わたしたちも、このフィリポの働きを通して自分の狭い殻を打ち破り、新しく挑戦する勇気を持つことの大切さを学ぶことができると思います。使徒言行録はわたしたち信徒の働きがどのように世の中に及んでいくのかを知るための、第一の手本となるものだと思います。復活節の中で読まれる「使徒たちの宣教」を通してわたしたちの中で働かれる復活したイエスを感じていくことができるよう祈ってまいりましょう。

 カトリック札幌司教区ブログ佐藤神父のページ 復活節第6主日(2020年5月17日・A年・白)

我々の会話

© Copyright・日ごとの福音・一般社団法人・2017~2020