教皇ミサでの退堂行列

年間第31主日(2021年B年)

佐藤謙一(さとうけんいち) により

2021年10月31日

記事のすべてのバージョン:

第一朗読:申命記(申命記6・2-6);聞け、イスラエルよ。心を尽くして、主を愛しなさい
答唱詩編(詩編18・3、23+25、47+50);神はわたしを救われる、そのいつくしみをたたえよう。
第二朗読:ヘブライ人への手紙(ヘブライ7・23-28);イエスは永遠に生きているので、変わることのない祭司職を持っておられる
福音朗読:マルコによる福音(マルコ12・28b-34);あなたの神である主を愛しなさい。隣人を愛しなさい

今日の福音は最も重要な掟がイエスから語られる場面です。マタイやルカでもこの掟を語る場面が読まれます。マタイでは「律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた」とあります。悪意のある問いかけだったことがうかがえます。ルカではイエスの問いかけに律法学者が答えています。そして「わたしの隣人とはだれですか」と問われてよいサマリア人のたとえを話します。最後に「行ってあなたも同じようにしなさい」と言います。

マルコでは律法学者が適切な答えをしてイエスに同意しています。「先生、おっしゃるとおりです」。そこで「あなたは、神の国から遠くない」とイエスは言われます。マタイとルカではこの32節から34節の律法学者とのやり取りがありません。マルコだけにあるものです。この律法学者とのやり取りでは、いろいろな掟がある中で何が一番のおきてなのかが示されます。根本にあるのは何なのかということです。

「神である主を愛せよ。隣人を愛しなさい。」律法学者はイエスと同じ考えであることがわかります。最も大切なことは知っているわけです。イエスは「あなたは、神の国から遠くない」と言われます。遠くない、しかし、まだ入っていないということです。神の国に入るにはどうすればいいかというと、その掟を実行することです。ただ頭でわかっているだけではいけません。行って初めて掟を守っていると言えるからです。ですから「あなたは、神の国から遠くない、すぐ実行しなさい」ということばが続くのではないかと思います。この掟は実際にはとても難しいものです。

「隣人を自分のように愛しなさい。」ルカ福音書の良いサマリア人のたとえでは、祭司やレビ人は倒れている人を見ると道の向こうを通って行きました。あるサマリア人はその人を見て憐れに思い、介抱しました。この祭司やレビ人とサマリア人との差は何なのかをよく考えるといいと思います。関わりたくないと思い見ていながら離れて行くのと、見て憐れに思いすぐに近づいていくのと、どちらがわたしたちの行動になるでしょうか。「自分のように」というのは憐れに思う心を示していると思います。憐れに思うことで突き動かされて実行していくことができるのです。「心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する。」神に仕え人に奉仕する生活を歩むことができるかが問われているのです。

  カトリック札幌司教区 ブログ 札幌教区司祭 佐藤謙一 年間第31主日(2021年B年)

我々の会話

© Copyright・ 日ごとの福音・一般社団法人 ・2017~2021