教皇ミサでの退堂行列

年間第30主日(2021年B年)

佐藤謙一(さとうけんいち) により

2021年10月24日

記事のすべてのバージョン:

第一朗読:エレミヤの預言(エレミヤ31・7-9);わたしは、目の見えない人も、歩けない人も、慰めながら導く
答唱詩編(詩編126・1+2ab、2cd+3、4+6);涙の内に種まく人は喜びの内に刈り取る。
第二朗読:ヘブライ人への手紙(ヘブライ5・1-6);あなたこそ永遠に、メルキゼデクと同じような祭司である
福音朗読:マルコによる福音(マルコ10・46-52);先生、目が見えるようになりたいのです

今日の福音はエリコを通過してエルサレムへ向かうところです。エルサレムまでは残り30km足らずです。福音書ではこのすぐ後にエルサレムに入っていきます。エルサレムに入るにあたり弟子たちや大勢の群衆がイエスとともに歩んでいる場面が描かれています。その道端にバルティマイという盲人が座って物乞いをしていました。そこにイエスの一行が通りかかり、その盲人がイエスだと聞くと叫んで「わたしを憐れんでください」と言います。多くの人々はイエスがこんな盲人とかかわっている暇はないと考えたのでしょう。この盲人を叱りつけて黙らせようとします。しかしこの盲人はますます叫び続けました。イエスはこの叫びを聞き、立ち止まって「呼んできなさい」と言います。そこで人々は盲人を呼んで「安心しなさい。お呼びだ」と言います。その直後イエスに呼ばれたことに喜んでいる盲人の姿が描かれています。ここには先々週の金持ちの男との違いが現れています。

金持ちの男は、イエスに全財産を貧しい人に施せと言われて悲しんで帰っていきました。すべてを捨てることができないと思ったからです。盲人には上着のほかに持ち物などなかったと思います。それでも大切な上着を脱ぎ捨ててイエスのもとに駆け寄るのです。躍り上がってとありますから、大変喜んでイエスのところに来ました。多くの人にさげすまれ邪魔者扱いされる中でイエスは自分に目を留め呼んでくださるのだという喜びが表れています。イエスは「何をしてほしいのか」と言われました。この問いは先週の福音でもありました。二人の弟子、ヤコブとヨハネがイエスのところに進み出て「先生、お願いをかなえていただきたいのですが」と尋ねたときです。この二人は「何をしてほしいのか」と問われたときに「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください」と答えています。自分たちの地位を約束してほしいというのです。イエスはこれには答えず「神が決めることだ」と言います。今日の盲人はイエスの問いに対して「先生、目が見えるようになりたいのです」と答えます。これも二人の弟子たちと同じく自分の利益を求める願いですが、少し違いがあると思います。盲人は今自分が置かれている苦しみから必死に叫んでいました。叫んで叫んで叫び続けていました。目が見えるようになりたいという願いを込めて叫び続けていました。

そこにイエスの呼びかけがありました。誰も聞いてくれない必死の叫びにイエスが応えてくれたのです。これを召命と言います。目が見えるようになりたいという盲人の願いをイエスは聞き、「あなたの信仰があなたを救った」と言って盲人の目は見えるようになります。ここで盲人は喜んで去っていくのではなく、エルサレムへ向かうイエスについていきます。これら一連の流れはわたしたちの召命の歩みと同じではないかと思います。様々な苦しみや悲しみがある中で神に祈り求めていく、ひたすら祈り求めていくことがあると思います。イエスはわたしたちの祈りを聞き入れてくださり、わたしたちを呼び寄せます。わたしたちの祈りをかなえてくださいます。どのような形でかなえてくださるのかわかりません。その人にとってふさわしい形でかなえてくださいます。わたしたちはそれでよかったと去っていくのではなく、さらにイエスを信じてイエスに従っていくのです。

バルティマイはイエスに出会って救われたという喜びと感謝の心からイエスに従っていきました。これから十字架への道を進むイエスとともにバルティマイも自らの十字架の道を歩んでいくことにしました。先々週の金持ちの男や先週のイエスの最初の弟子たちのようにこの世の栄誉に縛られていたのではイエスの十字架は理解できません。イエスに従うということは能力の問題ではなく、努力した結果でもないのです。弟子たちはイエスが十字架につけられてもまだ理解していませんでしたが、復活のイエスとの出会いの中で再び弟子として歩み始めました。復活したイエスが自分たちに姿を現し、声をかけ、弟子として受け入れてくださったという喜びと感謝があったからです。今日のバルティマイの物語はイエスとの出会い、呼びかけ、これに応える信仰という構図です。これはわたしたち自身の物語でもあるのです。

  カトリック札幌司教区 ブログ 札幌教区司祭 佐藤謙一 年間第30主日(2021年B年)

我々の会話

© Copyright・ 日ごとの福音・一般社団法人 ・2017~2021