教皇ミサでの退堂行列

年間第29主日(2021年B年)

佐藤謙一(さとうけんいち) により

2021年10月17日

記事のすべてのバージョン:

第一朗読:イザヤの預言(イザヤ53・10-11);彼は自らを償いの献げ物とした。彼は、子孫が末永く続くのを見る
答唱詩編(詩編33・4+5、14+15、20+21);神の注がれる目は、神を畏れる者に、神の愛に希望をおく者の上に。
第二朗読:ヘブライ人への手紙(ヘブライ4・14-16);大胆に恵みの座に近づこう
福音朗読:マルコによる福音(マルコ10・35-45);人の子は、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来た

今日の福音ですがゼベダイの息子たちの願いから始まっています。マルコによる福音では8章、9章、10章にそれぞれイエスの受難予告があります。10章の3回目の受難予告は今日の福音の直前の個所に当たります。弟子たちはエルサレムへ向かおうとされるイエスを見て恐れを感じ始めました。それはイエスの受難予告をようやく理解し始めたからです。ただその理解も完全ではありませんでした。ヤコブとヨハネはエルサレムで恐ろしいことが起こることを感じていました。しかしその苦しみの後にはイエスの隣に座るという栄光があってほしいと願っていました。そうでなければエルサレムでの苦難は単なる苦しみだけで終わります。そうではないはずだという気持ちが残っています。そのうえでほかの弟子たちを差し置いて自分たちを重要なポストにつけてくださいと願っています。

イエスは、わたしがこれから苦しみを受けるがあなたがたも苦しみを受ける覚悟があるか、と問いかけます。ヤコブとヨハネはそれを越えた後に栄光が待っているはずだと考えて「できます」と答えます。どうなるかはわからないがイエスの苦難と同じ苦難を受ける覚悟があるということでしょう。イエスは彼らにその報いとしての栄光の地位を約束しません。「それは、定められた人々に許されるのだ」と答えます。神がお決めになることだと答えるのです。イエスが言いたいのは苦しむことに意味があるということです。それこそがイエスと交わりイエスに従う道であるということです。

腹を立て始めた10人の弟子たちとヤコブとヨハネをイエスは呼び寄せて言います。世の権力者の生き方とイエスが示す生き方を伝えます。前者は権力をふるい人々を支配する生き方が偉大さの基準とみなされています。しかし、イエスは「あなたがたの間では、そうではない」ということばを挟んで後者のイエスに従う道を示します。「あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべてのしもべになりなさい。」本来なら避けて通りたい生き方と感じるかもしれません。上昇志向で生きていく生き方の方がいいと感じるかもしれません。しかし、イエスが示されたのは真の弟子になるための道です。細く狭い道かもしれませんが、皆に仕えること、すべてのしもべになることを求めています。

福音書に描かれている弟子たちというのは、まだ心もとない弱い姿で描かれています。それはわたしたちの姿でもあります。弟子たちはつまずきながらもイエスに従うことをやめようとはしません。イエスの死後、復活のイエスと出会うことで弟子たちは大きく変わり、大胆にイエスを宣教し始めます。わたしたちがイエスに従う歩みの中で、そこに示された弟子たちの姿もわたしたち自身の姿なのだということです。仕えられるためではなく仕えるために来られたキリストに従って歩んでいくことができるよう祈り求めてまいりましょう。

  カトリック札幌司教区 ブログ 札幌教区司祭 佐藤謙一 年間第29主日(2021年B年)

我々の会話

© Copyright・ 日ごとの福音・一般社団法人 ・2017~2021