神学校入学式ミサ

年間第23主日(2021年B年)

佐藤謙一(さとうけんいち)  

2021年9月5日

※公開ミサ・集会等中止になる担当小教区(手稲・小樽・倶知安)の皆さんのためにあらかじめ説教の原案を紹介します。
第一朗読:イザヤの預言(イザヤ35・4-7a);聞こえない人の耳が開き、口の利けなかった人が喜び歌う
答唱詩編(詩編146・1+2+10a、6c+7、8ac+9bc);命あるすべてのものは神をたたえよ。
第二朗読:使徒ヤコブの手紙(ヤコブ2・1-5);神は貧しい人たちを選んで、国を受け継ぐ者となさったではないか
福音朗読:マルコによる福音(マルコ7・31-37);この方は、耳の聞こえない人を聞こえるようにし、口の利けない人を話せるようにしてくださる

今日の福音ではイエスによるいやしのわざが描かれています。イエスがいやしを必要としている人のところに出向くのではなく、人々がイエスのもとに連れて来ていやしてくださるよう願うのです。イエスはさらに群衆の中からこの人だけを連れ出し奇跡を行った後、誰にもこのことを話してはいけないと口止めされました。イエスはこのことで人々の評判を得ようとはせず、奇跡によって自分を誤解されたくないと思っていたのでしょう。しかし人々はイエスの思っていることとは違い、ますますイエスの行ったことを言い広めました。

イエスが聞こえない人の耳を開き口の利けない人を話せるようにしたことだけを伝えても、それは福音を伝えたことにはなりません。福音とはイエスのわざがだれに行われたのかを伝えることなのです。社会の中で苦しんでいる人とともにイエスが歩んだということが福音なのです。イエスの生き方が福音なのですからわたしたちもイエスと同じように苦しむ人や悲しむ人とともに歩むことが求められるのです。

イエスはわたしたちのすぐそばにおられます。わたしたちが自分自身のことを知っている以上にイエスはわたしたちのことをよくご存じです。困難にあるときにも生きづらいと感じているときにもイエスは共におられます。そのような時にもイエスはわたしたちとともに歩んでおられるのです。わたしたちもイエスに従ってともに歩んでいきましょう。

今日は「被造物を大切にする世界祈願日」と教皇フランシスコは定めています。また日本の教会では9月1日から10月4日を「すべてのいのちを守るための月間」と称することとしました。日本カトリック司教協議会会長である高見三明大司教からカテケージスが出されています。A4で11ページにわたるものですのですべてを紹介できませんが一部だけを抜粋します。

『A. わたしたち人間と神の関係
福音は、まず、イエスご自身が神の愛の現れだということです。神がまずわたしたちを愛してくださったのです。「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」(フィリピ2・6-8)実に「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」(ヨハネ3・16)イエスは、「すべてが造られる前に生まれた方」、「見えない神の姿」(コロサイ1・15)、「神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れ」(ヘブライ1・3)、人間となられた神のことば であり、知恵です。そのため、イエスは「わたしを見た者は父を見たのだ。」(ヨハネ14・9)と言われたのです。イエスは、神からの愛を表すことによって、ご自分の方から人間との和解を実現し、壊れていた人間との関係を回復し新しくしてくださいました。

この神の愛がどのような性質のものかについて、イエスは、まずたとえなどを用いて言葉で教えてくださいました。父である神は人間のいのちを野の花や鳥よりはるかにまさり価値があるものとして養っておられること、また多くの実を結ぶために死ぬ一粒の麦 、失われた一匹の羊を見つけ出すまで捜し回る羊飼い、自分のいのちを羊のために与える羊飼い、回心して戻ってきた放蕩息子を大喜びで無条件に迎える父親 などのたとえがそうです。イエスは、その神の愛をことばだけでなく行いによって現わしてくださいました。まず、あらゆる病人を癒し、苦しむ人々を解放してくださいました。最後には、御父から遣わされた独り子として、十字架の上でご自分のいのちをささげ、復活することによってわたしたちの罪を赦し、わたしたちを悪と罪と永遠の死から救い、神の子としてくださいました。これは神の愛の最高のわざです。このように、イエスは十字架上でいのちをささげることによって人類を救いました。十字架の縦の木は、神の人類への愛と同時にイエスが代表する人類の神への愛を象徴し、横木はイエスの人類兄弟への愛と同時に人間同士の愛および被造物への愛を象徴していると言うことができるでしょう。そして縦の木がなければ、横木は成り立ちません。つまり、神からのわたしたちへの愛と、わたしたちからの神への愛が土台となって、わたしたち同士と自然環境との関係も成立するのです。』

「すべてのいのちを守るための月間」に寄せて 日本カトリック司教協議会 会長カテケージス「環境問題と福音化」

https://www.cbcj.catholic.jp/2021/0...

我々の会話

© Copyright・日ごとの福音・一般社団法人・2017~2020