神学校入学式ミサ

三位一体の主日(2021年B年)

佐藤謙一(さとうけんいち)  

2021年5月30日

※公開ミサ・集会等中止になる担当小教区(手稲・小樽・倶知安)の皆さんのためにあらかじめ説教の原案を紹介します。
第一朗読:申命記(申命記4・32―34、39―40);上の天においても下の地においても主こそ神であり、ほかに神はいない
答唱詩編(詩編33・4+5、6+11、20+21);神の注がれる目は、神をおそれる者に、神の愛に希望をおく者の上に。
第二朗読:使徒パウロのローマの教会への手紙(ローマ8・14―17);神の子とする霊を受け、この霊によって、わたしたちは、「アッバ、父よ」と呼ぶ
アレルヤ唱:(黙示録1・8参照);アレルヤ、アレルヤ。栄光は父と子と聖霊に。神は今あり、かつてあり、また来られるかた。アレルヤ、アレルヤ。
福音朗読:マタイによる福音(マタイ28・16―20);すべての民に父と子と聖霊の名によって洗礼を授けなさい

わたしたちはキリスト者として歩み始めるときに、父と子と聖霊の名によって洗礼を受けます。そこからはいつも祈りの初めには「父と子と聖霊のみ名によって、アーメン」と唱えて十字を切ります。祝福を受けるときには「全能の神父と子と聖霊の祝福が皆さんの上にありますように」と唱えられます。このようにわたしたちのキリスト者としての祈りの生活の中で三位一体の神の名がいつも唱えられます。それでは三位一体とはどういうことなのでしょうか。

わたしたちは常に歴史の中で生きています。いつも時間と空間の制約を受けています。その歴史の中でわたしたちはさまざまな現実と直面し救いを求めています。神はその救いの声を聞いて、わたしたちを救おうとしています。その神はどのようなお方でしょうか。神は時間も空間も超越した方です。そのようなお方がこの世に救いを表すためには人間の現実や歴史に介入しなければなりません。しかし神はわたしたちとはもともと大きな隔たりがある超越したお方であるのでそれはできません。そこで神に代わって、しかも神と同じ方が人類の歴史に介入することになります。これがイエス・キリストです。神が受肉したと呼ばれる方です。

イエスはこの世に来られて成長し、人々の間で神のことばを語り、それを行い、最後に人類の罪をあがなうために十字架につけられて死にます。受肉とはマリアのお腹に宿ったときだけを言うのではありません。イエスは聖霊によって宿りますが、その死によって神の受肉は完成されるのです。神は人間の救いの叫びを聞き歴史に介入し、イエス・キリストを派遣しました。そして、神の救いの意志をイエスは人びとに伝えました。人びとは神から与えられた救いの意思を神のことばとして聞きました。その救いを人間自ら実現していきたいと思いました。しかし人間の罪深さや弱さのゆえに自分の力だけでは救いにあずかることはできません。もし自分の力だけで救いにあずかれるのなら、神の救いは必要ないものとなります。しかし、現実には自分の力だけでは救われないのです。人間が神の救いにあずかるためには、神の子イエス・キリストをこの世に派遣した神の力が必要です。神の力とはイエスを受肉させた神の霊、聖霊です。聖霊が人間に与えられなければなりません。この聖霊がわたしたちを神に向かわせる力となり、神の救いにあずかるための力となるのです。

神の救いは父である神がイエス・キリストを通して聖霊において成し遂げられるのです。逆に言えば、人間はイエス・キリストを通して聖霊において神の救いにあずかるのです。神が人間を救いたいと思い、その救いのわざをイエス・キリストを通してこの歴史の中で実現させ、聖霊によってその救いに人間をあずからせるのです。これらの神の働きかけの三つのアプローチを通して今のわたしたちの救いがあるのだということです。まとめると、神が人間を救おうとして、人間の歴史に介入するためにイエス・キリストを派遣して神の救いの意思を伝え、その救いに人間があずかるために聖霊が送られるのです。この構図を見たときに、神もイエス・キリストも聖霊も同じ神でなければならないということになります。この構図が三位一体の神秘ということです。

さて、その救いの第一歩が洗礼の秘跡と言えます。今日の福音でイエスは弟子たちに「すべての民に父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、わたしの弟子にしなさい」と言われています。神の救いにあずかるためには人間の力だけでは足りないのです。神の意志を知り、イエス・キリストを信じ、聖霊の力に促されて、神の救いにあずかるのです。そのために洗礼では聖霊が注がれるのです。パウロの手紙でも「神の霊によって導かれる者は皆、神の子です」と言われています。「いつも共にいるキリストとともに苦しむならその栄光をも受けます」とも言っています。わたしたちが神の救いにあずかることができるよう、いつも共にいるキリストとそれぞれの身に受けた聖霊の力に感謝して三位一体の主日のミサを続けてまいりましょう。

追伸

2018年の北見教会での説教より

 カトリック札幌司教区ブログ札幌教区司祭 佐藤謙一 三位一体の主日(2021年B年)

我々の会話

© Copyright・日ごとの福音・一般社団法人・2017~2020