プログラムは、チェロ、ハープの独奏と、合唱。
会場には、200名余りの方々が来場。
来場者は、チェロとハープの演奏、地元少年少女合唱団の合唱に、被災者の方々を思いながら聞きいっていました。。
普段なかなか聞くことが出来ないハープの生演奏の音色には、特に感激した方が多かったようです。
コンサートの最後に、全員で「ふるさと」を合唱し閉会となりました。

当日の益金は、地元の新聞社を通して、被災地支援のために寄付されました

苫小牧教会で6月25日に、東日本大震災支援のチャリティーコンサートを開催