北海道胆振東部地震被災地へのボランティア活動の報告



2018年10月6日 1名でむかわ町災害ボランティアセンターで支援活動を行う

厚真町のボランティア受付が10月から再び「事前登録制」に変更されたこともあり、
隣町の状況確認のためにもむかわ町で活動を行った。
「穂別地区」と「むかわ地区」のグループに分かれ活動を行う。


2018年9月27日 1名で厚真町災害ボランティアセンターで支援活動を行う

午前8時半から受付が始まり、震災ゴミの片付け作業を行う。午前・午後を合わせて3軒の災害ゴミの搬出作業に従事。
台風接近と、週末の災害ゴミの受け入れが中止との発表があり、この日のニーズは多かったように感じました。
ボランティアセンターの変化として、参加者全員にビブス(ユニホーム・チョッキ)が配布され、終了時にそのビブスを返却すると
引き換えに1,000円分の食事券(カレー屋ココ壱番屋)が配布されるようになりました。


2018年9月19日 1名で厚真町災害ボランティアセンターで支援活動を行う

平日にもかかわらず150名弱のボランティアが参加しました。
当日申し込みが可能となった影響かもしれません。
民家の震災ゴミの処分を行いました。午前で終わり、午後はボランティア作業の申込がないとのことで終了。


2018年9月14日 3名で厚真町災害ボランティアセンターで支援活動を行う

7時半ころに到着すると、駐車場ボランティアを求められたので、7時半から活動を開始。
受付完了後に6人のグループに割り振られ、農家の片づけを一日行う。
内容は、母屋二階の片付け、納屋の苗箱の片付け、災害ごみの搬出などです。
現地の状況は、停電は復旧したものの、水道が止まっている状態で、この断水は1か月以上続くと予想されています。