元町教会について


概略

安政六年(1859年)十一月、パリ外国宣教師、メルメ・デ・カッション(Mermet de Cashon) が函館に来た。

彼は奉行の世話で地所が手に入ったので、そこに居宅を設け、病人を世話したり、フランス語を教えるなどの活動をし始めた。ほどなくメルメ神父について「温和で、快活で、偉い学者だ」という評判が市中に高くなり、我も我もと師の宅におしかける。仏僧までが、毎週一回お決まりのヤソ退治の説教をやらかしながら、時には師のところへ出かけてぶどう酒のごちそうに与ると言うほどであった。このようにメルメ神父は、広く門戸を開放して、各方面に交際の手を広げていく一方、熱心に日本語を研究し、英仏和辞典を編集し、新たに日本へ来る宣教師たちのために会話の本も作った。さらに、アイヌ語の小事典にまで手をつけ、アイヌ部落を探検するなどして、素晴らしい活動を見せた。(「北日本カトリック教会史」より)

Outline

On November in 1859, Rev. Fr. Mermet de Cashon (M.E.P) came to Hakodate city for the first time as a missionary.

He could get a place to live in through the good public officer and built his home there and began his works by taking care of the sick and by teaching French. It didn't take long before his fame spread among the people and many people came to visit him. He was known as "gentle, cheerful and great scholar". Sometimes even Buddhist priests who used to preach against Christianity once a week got to visit him and enjoyed the wine together. He opened his door wide and spread his communications to many kinds of fields. On the other hand, he studied Japanese and edited English-French-Japanese dictionary and made conversation book for the missionaries who would come to Japan. Besides, he walked around Ainu villages so that he could make Ainu-dictionary. He worked energetic.

メルメ神父来函の翌々年(文久元年)に初めての聖堂を創立。慶応四年(明治元年)八月の大火と大正十年の火災に類焼した。現在の聖堂は大正一三年六月、ローマ法王使節ジュアルジュが来函し、聖霊降臨を行なった。

大正一二年にローマ法王から、神画、神具、キリスト像、一三年にはパリから二八〇貫の鐘が来た。様式はゴシック様式で地上から十字架の尖端まで、丁度百尺ある。歴代の司教の中、ベリオーズは、明治一七年から昭和二年まで四十三年間も在函し、明治三四年には現「宮前町教会」の地を買って、仮教会を作り、同四四年、現聖堂を建築した。

明治一三年に来函したフォーりー師は、有名な植物研究者でもある。(「函館の履歴書」元木省吾著より)

In 1861 Fr. Mermet built the Chapel. But it fired twice. Present chapel is founded on June in 1923 .

In 1922, they got presents from the Pope such as Holy Icons, instruments for the mass, a statue of Christ. In the following year, the big bell from Paris.

99歳で亡くなられたエルベ神父の姿もある。(右から4番目)

ルルドの模型、現在も聖堂裏に残っている。The model of Lourdes

元町の坂の上から取った写真。ハリストス教会とカトリック教会が見える。

札幌教区情報
教会住所録へ